THE DOKURITSU EXHIBITION

 

独立美術協会
独立展とは
 独立美術協会は1926年から1930年にかけて5度開催された佐伯祐三、前田寛治を中心とする1930年協会展が発端となり、二科会ほかの団体を超えて気鋭の作家が集まり1930年に組織されました。
 創立会員は伊藤廉、川口軌外、小島善太郎、児島善三郎、里見勝蔵、清水登之、鈴木亜夫、鈴木保徳、高畠達四郎、中山巍、林重義、林武、福沢一郎、三岸好太郎の14人でした。そして1931年1月、東京府美術館で第一回独立展を開きました。
 以来、須田国太郎、小林和作、海老原喜之助、野口弥太郎、鳥海青児等々、近代美術史に輝く画家を数多く輩出してきました。
 現在も創立時の精神をそのまま引き継ぎ、会員と前途有望な準会員、会友、出品者により毎年10月国立新美術館で展覧会を開催しています。

●会員名簿

や・わ

あ行
相田 幸男 秋口 悠子 浅見 千鶴 安達 時彦 阿部 栄一
有馬 秀穂 有本  弘 五十里雅子 池末  満 井澤 幸三
石井 武夫 石川 和男 磯貝 四郎 伊藤 清和 伊東 茂広
伊藤 弘之 今井 信吾 入江 一子 岩本かずえ 上田 敏和
梅野 顕司 江添栄一郎 江田  豊 大泉 佳広 大久保宏美
大地 康雄 大津 英敏 大塚 恵美 大塚 利典 大原 修一
大場 再生 岡田 忠明 奥谷 太一 奥谷  博 奥村 龍彦
乙丸 哲延
か行
加藤 啓治 金井 訓志 金森 良泰 金子  亨 河尻 隆次
貴志 紘美 喜多万紀子 北島 治樹 木津 文哉 木梨  修
絹谷 幸二 木村小百合 木村 富秋 久我  修 日下部淑子
久保田益央 倉岡  雅 黒川 洋孝 小久保 裕 小林  正
権藤 信隆
さ行
齋藤  研 齋藤  将 斎藤 吾朗 桜井  寛 佐々木里加
芝田 友司 島崎 陽子 白鳥 三郎 白野 文敏 須藤 美保
瀬川富紀男 関口 聖子 瀬島  匠 世利 徹郎
た行
田井  淳 高崎 文夫 高澤 哲明 高橋  伸 高橋 正敏
高橋 雅史 高松 和樹 高森  明 田口 貴大 竹岡 羊子
竹下 勝雄 田子 英長 田中  茂 田端  優 田伏  勉
多見谷恭子 千葉  光 張   公 塚本  聰 津川めぐ美
佃 彰一郎 寺島  穰 出口 佳子 鳥羽 祐二 鳥飼 寿徳
鳥潟 朝子
な行
中嶋  明 中前 光雄 中村惠美子 中村 光幸 西田 翔冠
額田 晃作
は行
橋本 大輔 波田 浩司 花澤 洋太 浜松 繁雄 林  敬二
早矢仕素子 原田  丕 半那 裕子 平岡 靖弘 廣瀬 義男
廣田 政生 福岡 奉彦 福島 瑞穂 福満正志郎 堀井 克代
本田 希枝
ま行
前畑 省三 馬越 陽子 松井 通央 松尾 健一 松樹 路人
松永  久 松原  潤 松藤 真澄 松村 浩之 松山幾三郎
松山 敏彦 宮腰 敏一 向井 隆豊 村上 佐惠 村田 英子
目黒 礼子 森  京子 森田 康雄 森本  勇 森山 杏子
や行・わ行
山内 和則 山下 智樹 山田 修市 山田 依子 山中 俊明
山根須磨子 山本 惠三 山本 達郎 山本  実 山本 雄三
結城康太朗 湯澤  宏 吉田宏太郎 吉武 研司 米田 和秀
米原  智 輪島 進一