THE DOKURITSU EXHIBITION

 

独立美術協会
奥谷 博
※作品の画像の無断転写を禁じます。
※作品をクリックすると大きな画面で見ることができます。
第73回独立展 第74回独立展 第75回独立展
第76回独立展 第77回独立展 第78回独立展
第79回独立展 第80回独立展 第81回独立展
第82回独立展 第83回独立展 第84回独立展

PROFILE
昭和34年(1959)東京芸術大学美術学部油画科卒業(林武教室)。最初の個展(画廊喫茶「メイコー」)。
昭和38年(1963)東京芸術大学美術学部専攻科(油画)修了。大橋賞受賞。
昭和39年(1964)独立美術協会第32回展≪雑子とサギ≫≪トカゲと吹子≫奨励賞受賞。
昭和40年(1965)独立美術協会第33回展≪針千本≫≪桐の木の下≫独立賞・須田賞受賞。
昭和41年(1966)第1回昭和会賞受賞。個展(銀座・日動サロン,’76)。独立美術協会会員となる。
昭和42年(1967)第1回文化庁芸術家在外研修員として渡仏(〜68)。
昭和44年(1969)愛知県立芸術大学助教授となる(〜70)。個展(銀座・日動画廊,’71,’78,’87,’92,’99)。
昭和46年(1971)渡仏(〜73)。
昭和55年(1980)第2回日本秀作美術展に選抜出品(〜2000)。
昭和57年(1982)奥谷博展く静けさと神秘の詩>(神奈川県立近代美術館)。
昭和58年(1983)第33回芸術選奨文部大臣賞受賞。
昭和59年(1984)≪詩海≫にて第3回富本三郎記念賞受賞。記念展(東京日本橋・横浜・大阪三越・高知県立郷土文化会館:美術文化振興協会・朝日新聞社主催)。
昭和60年(1985)紺綬褒章受章。
昭和63年(1988)澄明な心象の世界奥谷博展(新宿伊勢丹美術館・名古屋松坂屋・高松三越・大阪心斎橋大丸:読売新聞社他主催)。
平成2年(1990)「私が私のスタイルです」展(有楽町アートフォーラム他:朝日新聞社主催隔年開催〜,94第3回最終展)。奥谷博鑑賞展(大阪日動画廊)。
平成4年(1992)『奥谷博画集』刊行(求龍堂)。
平成5年(1993)奥谷博展く現代の黙示録>(刈谷市美術館・笠間日動美術館・山形美術館・平塚市美術館・三重県立美術館)。
平成6年(1994)個展(東京日本橋・大阪・松山三越〜,95)。
平成7年(1995)第18回安田火災東郷青児美術館大賞受賞。記念展。
平成8年(1996)第52回日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員となる。
平成9年(1997)奥谷博作品展(高知県・中土佐町立美術館)。
平成11年(1999)『奥谷博作晶19521999』刊行(日動出版)。
平成12年(2000)時をわたす美現代目本画・洋画巨匠展(東京日本橋・高島屋他)。2000両洋の眼展一21世紀の絵画(東京日本橋・三越他)。5月、銀座松屋にて朝日新聞社主催、現代作家デッサン・シリーズ「奥谷博展」を開催。