独立春季新人選抜展
 かつて、独立美術協会主催の独立選抜展は、堂々としたギリシャ神殿風列柱が印象的な旧東京都美術館の取り壊しとともに第14回を以って一度終了しました。
 時は経ち、2007年に六本木の国立新美術館が完成し、独立展会場を長年開催してきた上野から移転することが決定しました。しかし上野への縁は切り難く、それを懐かしむ声と、かつて独立展の主力作家達を育んだ選抜展を懐かしむ声とが高まり、2009年に上野の現東京都美術館で新人選抜展が35年後の時を超えて再開されました。その後、美術館老朽化による大規模改修工事期間を挟み一時中断されたものの回を重ねて、2021年で通算24回目を迎えます。