THE DOKURITSU EXHIBITION

 

独立美術協会
江添 栄一郎
※作品の画像の無断転写を禁じます。
※作品をクリックすると大きな画面で見ることができます。
第73回独立展 第74回独立展 第75回独立展
第76回独立展 第77回独立展 第78回独立展
第79回独立展 第80回独立展 第81回独立展
第82回独立展 第83回独立展 第84回独立展

PROFILE
画歴
1930東京都信濃町に生れる。独学にて画家を志す。
1951第19回独立展出品 「海の風景」初入選
1952神奈川県労働文化祭美術展出品 奨励賞受賞
1961第2回ACCサンディエゴ美術館展出品
1962〜66独立選抜新人展 5回出品
1962第5回現代日本美術展出品
1964第3回国際青年美術家展出品
1966第34回独立展出品 独立賞受賞
1966第1回中央美術団体受賞作品展出品 全国巡回展・文部省
1967第35回独立展出品 会員推薦
1970第14回シエル美術賞展出品 佳作入賞
1971昭和46年度 紺綬褒章授賞
1974〜80神奈川県美術展 招待出品・審査員を務める
1982~91古代エジプト文明 太陽神話と死生観、星座へのロマンと現代との融合を作品化し、10年間に独立展個展に200号の大作を発表。
1984タカゲン画廊(銀座)
エジプト太陽神話の宇宙観再生復活に見る死者の書・星座へのロマン等を500号を中心に40点展示
1985東京茗荷谷画廊開催記念 招待個展
古代エジプトの宇宙観と太陽と月と星とのロマン 200号中心に30点展示
1988ギャラリーフクスケ個展(平塚)
古代エジプト5000年の謎とロマン
1991平塚市総合体育館エントランスホール 大陶板壁画完成
1991平塚画廊 壁画完成記念個展
原画100号2点と関連せる作品20点展示
1992〜99核の放射能汚染と地球温暖化現象によるオゾン層破壊ダイオキシン汚染等、厳しい今日的問題に直面する現代社会に於いて地球環境保全保護等を追求し、環境への警鐘を作画の根底に反映すべく大いに努力し制作せる200号の大作を毎年独立展に発表。
1995万国橋ギャラリー個展(横浜)
遥かなる青き地球に愛と感動と夢をテーマに地球環境への警鐘を反映させる作画 
200号を中心に30点展示せる大個展開催
1995戦後50周年記念PARIS平和芸術祭参加(フランス)
1997ギャラリー八重洲東京個展(東京)
青き地球に愛と勇気と夢をテーマとして地球環境汚染に鋭い批判を反映させる作品
200号中心に15点展示
1977〜98神奈川独立展第1回〜第20回展 毎年作品を参加出品
1998日露現代芸術祭'98
ロシア連邦国立トレチャコフ美術館 1998年9月開催
1997〜98Heart Art in TOKYO エイズチャリティー美術展参加出品
1998ART IN SOHO(JAPANESE ART GROUP EXHIBITION)
CAST IRON GALLERY . New York . USA
1999日本テレビ(美の世界)出演・放映
『青き地球に愛』タイトルにて湘南平塚の海が作画への第一歩で古代オリエント文明から環境保全へと進展せる苦節50年間の集大成 99年4月18日放映さる
2000ラ・グランコレクショナブル展・スペイン
1999年12月29日〜2000年1月14日
マドリード市サラ・カタルシス開催
2000グローバル アース フェスティバル
イタリア共和国エミリアロマーニャ州リッチョーネ市
2000年6月27日〜7月5日バラッツォ・デル・トゥリスモ開催
2000第50回記念湘南ひらつか七夕まつり功労賞
多年にわたり湘南ひらつか七夕まつりの発展に審査員として貢献されその功績に対して50回記念にあたり表彰される
2002エコロジ・アース・アート21 埼玉県立近代美術館 8月開催
2002第70回独立展 会員特別功労賞
2002万国橋ギャラリー個展 画集発刊記念展
2004アートスペース・キテーネ個展
1951〜個展を35回開催す
1973〜85海外取材
シルクロード 中近東 エジプト15カ国を数回にわたり遊学
モスクワ レニングラード 中央アジア 西トルキスタン
アフガニスタン パキスタン パミール高原 北京 イラン
トルコ シリア レバノン ギリシャ アルメニア エジプト
収蔵
1991〜平塚市美術館 作品多数収蔵
平塚市役所 収蔵
平塚市民病院 収蔵
平塚市総合体育館 大壁面2面
1998New York USA セイント ヴィンセント メディカル ホスピタル 収蔵
1999シンガポール日本文化協会 収蔵
2000タイ国政府文部省 収蔵
2001マレーシア政府芸術省 収蔵
2002リッカルド・アマデイ氏(イタリア) 収蔵
2005タイ王室美術館 収蔵